規定されたサイズに切り抜くには?

画像や写真の編集作業をする時に必ず行う機会のある切り抜きやトリミング。

フォトショップに限らず、他の画像編集ソフトでも使う機会のある基本的な機能ですね。

今回は店舗HPで使う機会が多い[画像の切り抜き]をご紹介します。

切り抜きツールを使ってみよう


①まずは好きな画像をPSに読み込みましょう

②切り抜きツールを選択します


すると、画像の周囲に『』のガイドが表示されます。

③『』ガイドを移動させて、切り抜きたい領域を指定する


切り抜きたい領域が選択できました。

『』ガイドの使い方にはちょっとクセがあります。重要な点をまとめてみます。

・ドラッグした部分だけが移動して、他の部分は動かない。
例えば上段中央のガイドをドラッグすると、最下段の枠線は固定された状態で、縦方向のみ枠線が動きます。


・枠線の領域外をドラック操作すると、画像が斜めに動く。

被写体が斜めに写っている写真から切り抜く場合などに便利です。


④領域を指定したら、切り抜きを実行して完了


⇩⇩

必要な部分だけ切り抜くことができました。

切り抜きツール応用編

ALsystemでは各種バナー等は、画像の大きさが固定で決まっています。
キャスト写真の一覧画面では、できるだけ縦横比を揃える事を推奨しています。

縦横比を揃えるという言葉だけを聞くと、非常にハードルが高く感じるかもしれません。
特に、普段は選択ツールで四角く囲んで切り抜くという使い方をしてる人にとっては…。

4:3にしなきゃいけないから…縦を400pxで一度切って、それから横を300pxちょうどに…マウスをぷるぷるさせながら画面をにらんで300ぴったりに合わせて切り抜くなんてかなりの手間でイライラしてしまうと思います。

そんな時こそ切り抜きツールの出番です。

縦横比を指定して切り抜く

切り抜きツールを選択すると、上段のバーにそれっぽい部分が表示されてます。
これは…もしかして??(; ・`д・´)

比率というそれっぽい文字の横に2つの四角い箱が…
ハイ。ここに縦横比を指定する数字を入れてあげるだけです。


実際に切り抜いてみましょう

元の素材はこの写真を使います。
余白が多くてキャスト写真としては加工が必要ですよね。


①切り抜きツールを選択して、縦横比を指定します。


②画像の中央に縦横比が固定されたラインが出現します。


③表示されたライン内に切り抜きたい範囲を入れて、切り抜き実行⇒完了です。

これ以上説明する事が見当たらないくらい簡単に作業できました。
縦横の寸法や、px数を気にして切り抜き作業をするよりも格段に簡単ですね。

大きさ(px)を指定して切り抜く

①上の項目で紹介した縦横比の部分を幅×高さ×解像度に指定します。
②指定された大きさのラインが表示されるので、ライン内に切り抜きたい範囲を入れて実行⇒完了です。

切り抜きツールのまとめ

縦横比・画像サイズ等ハッキリした指定があるモノを切り抜くのに非常に便利です。
『』ガイドの動かし方にはクセがありますが、繰り返し使って慣れましょう。

初めて切り抜きツールを使うと、操作のクセに戸惑うことがあるかもしれません。
極端な話、サイズ指定のない画像を作るのであれば四角形選択ツールで囲んで切り抜いても大きな問題はありません。
Windowsのペイントツールなどを長く使っていた人にとっては、その方が使いやすく感じますよね。

とはいえ、それだけに慣れてしまうと…いざサイズ・縦横比固定の画像が必要になった時に四苦八苦することになってしまいます。

ぜひこの機会にPSの切り抜きツールを使いこなすキッカケにしてもらえれば幸いです。