簡単なぼかし処理と上品なぼかし

顔だしNGのキャスト写真を編集する時に、必ず行うぼかし処理

今回は誰でも簡単にできるぼかし処理から、ひと手間加えての上品なぼかし処理をご紹介します。
必ず行う機会があるからこそ、たくさんのバリエーションで作業できるといいですよね。

こんな応用法があったのかと、店舗様の小さな発見のキッカケになれば幸いです。

ぼかし処理の種類は?

ひとくちにぼかし処理といってもたくさんの種類がありますね。
キャスト写真の編集で使われる機会の多いフィルターをいくつかピックアップします。

▶モザイク

最近は使われる機会が少なくなりましたが、以前はスタンダードでした。
ぼかし処理といえばまずはモザイクが頭に浮かびますね。


▶ボックス

少し粗目のぼかし処理です。後述するガウスと似ていますが、ガウスに比べると顔だけのぼかし処理には使いづらいかもしれません。
個人的には写真の背景部分など、大きい領域をぼかし処理するのに向いていると思います。


▶ガウス

現在のスタンダードです。ボックスに比べるとぼかしの目が細かく、色々な素材のぼかし処理に使いやすい印象です。
ぼかし処理に関して悩んだら、まずはガウスを選べば間違いがないと思います。


※今回の記事ではガウスを使用して作業していきます。


まずは簡単なぼかし編集をしてみよう!

1.編集する写真をPSに読み込みます。



2.ぼかし処理をする領域を選択します。


3.[フィルター]⇒[ぼかし]⇒[ガウス]を選択してウインドゥを呼び出します。


4.フィルター効果を適用してぼかし処理完了!


ぼかし処理の完了した写真を保存して完了です。
今回の手順だと、元の写真素材を編集する形になるので、作業する前に元の写真素材をコピーしておくか、保存時に別名で保存しましょう。PSの扱いに慣れるまでは、PS側でレイヤーをコピーして作業するよりも単純明快で間違いがないと思います。

ワンランク上の上品なぼかし処理をしよう

次はキャスト写真のぼかし処理にオススメの手順です。
手間は増えますが、それだけの価値ある仕上がりは期待できるので、ぜひ使ってみてください。

1.写真を読み込んでぼかし処理する領域を選択する。


2.ガウスを適用してぼかし処理する。

写真の大きさによって差はありますが、効果は小さめで処理しましょう。


3.選択した領域を一回り小さくする。

[選択範囲]⇒[選択範囲を変更]⇒[縮小]から、写真の大きさに合わせて任意の数値を入力します。


4.縮小した選択範囲にガウス処理を適用する


5.選択範囲を縮小⇒ガウス処理を繰り返す。

薄いガウスを顔の中心に向かって繰り返し適用することで、必要なぼかし量は確保しつつ、キャストの表情や雰囲気が残る上品なぼかし処理となります。


今回のまとめ

ぼかし処理を行う時の気を付けるべきポイントを挙げてみます。

▶選択範囲はできるだけ丁寧で正確に!
・髪の毛や首周りまで雑に囲んでしまうとキャストの雰囲気が感じられなくなります。

▶ぼかし量は必要最低限に!
・目鼻立ちがわからないくらいまでぼかしてしまうと、顧客がキャストを選ぶ要素まで少なくなってしまいます。

▶手間を惜しまず作業しましょう!
・キャスト写真は顧客が店舗様を選ぶ時に重要な要素になります。



今回ご紹介した《上品なぼかし処理》は簡単なぼかし作業にひと手間を加えた程度ですが、かなり写真の印象が変わるハズです。
極端に言えば、ぼかし処理は[目・鼻・口]など、特徴となるパーツだけを処理するのが理想です。
髪の毛やほっぺた・おでこなどは、できるだけぼかしを薄くできればベストですよね。

可能な限りキャストの雰囲気を残すことを意識して作業する事で、[ライバル店舗との差別化]にも繋がる要素になるかもしれません。

簡単なひと手間なので、ぜひ使ってみてくださいね!