シワやホクロを簡単に削除する方法

 

今回の記事はシワ取りがテーマです。

目元・口元・ほうれい線・年齢を重ねると刻まれていくものですよね。
年相応に刻まれた笑いじわ等は、カワイイ印象になる事も少なくはありませんが…キャストの若さを売りにする店舗様にとっては邪魔に感じる事も多いハズです。

シワ取りなんて専門的な作業は業者がやるものでしょ?
そんな印象を持っている人もいるかもしれません。
大きく拡大しても目立たないような精度なら、確かに業者の仕事になってしまいますが…

トップに貼った画像程度のシワ取りなら、誰でも簡単に作業することができます。

今回は面倒な手順ナシで、簡単にできるシワ取りを実践していきます。

①写真を読み込んで使用するツールを選択しよう

使用するツールはスポット修復ブラシです。

デフォルトでは左側に並んでいるツール群の中からを選択します。



②スポット修復ブラシの効果を設定する

PSのバージョンにもよると思いますが、スポット修復ブラシを選択した時点で、ほぼ下の画像の様な設定になっているはずです。

修整する写真に合わせてブラシの大きさを設定しましょう。

重要な部分は[ブラシの大きさ][コンテンツに応じる]という設定です。



ブラシの大きさは任意で使いやすい大きさにしてください。
硬さ・間隔・その他の項目は慣れるまでデフォルトのまま使ってみましょう。



③実際にシワ取りをしてみよう

写真に向かって右側(顔の左側)のほうれい線を修整してみます。



設定したブラシでシワの部分に沿うようになぞっていきます。
何度も繰り返しなぞることで、シワの部分が少しずつ修整されていきます。



ちょっと大げさになりましたが、ある程度キレイにシワを消すことができました!
ホクロやワンポイントタトゥも、同様の手順で消すことが出来ます。

今回のまとめ

面倒な設定や調整は可能な限り少なく、シワ取りを実践する手順をご紹介しました。

非常に簡単で便利な機能ですが、注意点が1つあります。
それは[やり過ぎないこと]です。

キレイになるからといって繰り返しブラシでなぞってしまうと、人間味が薄いサイボーグのような質感になってしまいます。あくまでも自然な範囲での適用がオススメです。

ちなみに、シワ取りというと顔や首周りに使うものだという印象がありますが…

お腹のシワも消すことができますよ!