金属のような質感の文字を描く

 

今回は文字を金属的な質感に変換するプリセットをご紹介します。

閲覧者の目を引くようなド派手なデザインの文字は、イベント案内などで使う機会も多いと思います。

①まずは配布サイトからレイヤースタイルをダウンロード

配布サイト⇒Metal Pack Layer Style Text fx

※注※配布先サイトの安全性に関しては、利用者様の自己責任においてご利用ください。
筆者のPC環境において、不具合または悪意あるソフトウェアは確認されておりませんが、全ての利用者様が同様であることを担保するものではございません。

右側中段からダウンロードします。

 

②フォトショップでダウンロードしたプリセットを読み込む

PS上段のメニュー部分から
【編集】→【プリセット】→【プリセットマネージャ】を開きます。

※PS=フォトショップ


すると、下の様な画面が表示されます。
①《プリセットの種類》→スタイルを選択
②ウインドゥ右側の《読み込みボタン》をクリック
③するとファイルの選択画面が表示されるので、ダウンロードしておいたファイルを指定で完了です。


 

③実際に使ってみましょう

まずは黒い背景に白で文字を書いてみます。



上段のメニュー項目から【ウィンドウ】を選択→【スタイル】を選択します。



スタイルウィンドウが表示されました。
おそらく、新しく読み込んだプリセットは下の方に並んでいるはずです。



ちなみに、プリセットされているスタイルのアイコンは右側から大きさを変更できます。
個人的には《サムネール(大)を表示》が使いやすいです。


④文字に適用してみよう

スタイルを適用したいレイヤーを選択します。



スタイルアイコンから、適用したいスタイルをクリック!!



おめでとうございます!文字に効果が適用されて金属のような質感となりました!

今回のまとめ

このレイヤーデザインのプリセットは、レイヤーへの適用なので、文字だけに限定されず、図形や背景などにも適用可能です。
他の部分に応用するとすれば、枠線などが使いやすいかもしれませんね。
キャストの写真を枠で囲んでみたけれど、なんだか地味でパッとしない…
そんな時は枠線のレイヤーに、この効果を適用してみましょう。
かなりゴージャスな効果が得られると思いますし、クリック1つで適用できるのでオススメです!

また、年末年始などはお正月の雰囲気を効果的に演出できるので、ぜひ使ってみてくださいね。