この項目では店舗HP内の各部名称を一覧でまとめています。
編集作業等で『あれ?この部分ってなんて呼ぶんだろ…』といった時にご利用ください。

①ヘッダー

ページの上部に位置し、HPの名前やタイトル・ロゴ画像などが挿入されています。「HPの名刺」のような役割です。

②メニュー・グローバルナビ

どんなHPでも、ほぼ必ず設置してある主要なページにアクセスする為のボタンです。
複数の名称が使われていますが、ALsystemでは[グローバルナビ]と称しています。
※その他のよくある名称⇒メニュー・トップメニューなど。

③キービジュアル

ページ内でもっとも目を引く場所・サイズの画像です。
HP全体の印象を決めると言っても差し支えない画像です。
複数の名称が使われていますが、ALsystemでは[キービジュアル]と称しています。
※その他のよくある名称⇒メインビジュアル・アイキャッチ・イメージ画像など。

④サイドバー

メインコンテンツのサイドに位置し、バナー画像やリンク等をまとめています。
サイドに位置するメニューのような印象で考えていただければいいと思います。
複数の名称が使われていますが、ALsystemでは[サイドバー]と称しています。
※その他のよくある名称⇒サイドメニュー・サイドカラムなど。

Q.サイドバーの位置はなんで右側固定なの?左にしたり、左右2本にしたら華やかになっていいんじゃないの?
A.右側だけにサイドバーがある、それが一番いいからです。
細かい話は省きますが、閲覧者の滞在率・離脱率等のデータから、サイドバーの位置は右側がもっとも優れていると結果がでています。
閲覧者の視線移動など、たくさんの要素から判断して、すでに優劣がハッキリしている部分なんです。WEB業界では《サイドバーは迷ったら右》と言われるくらいの認知度です。
⑤サイドバナー

サイドバー内に設置されるバナーです。画像やテキストを組み合わせて作成します。

Q.バナーってなに?
A.もともとは垂れ幕旗印のような意味だそうです。
広告や宣伝用のページ、大きくアピールしたい項目を宣伝する為に、画像等で目を引くように作られたリンクなどを総称して[バナー]と呼ばれることが多いです。
⑥キャプション・見出し

HP内の各コンテンツにつけられる目次のような役割です。

⑦コンテンツ

いわゆる《記事の中身》になる部分です。
WEB関連では曖昧な位置づけになるコンテンツという単語ですが、簡単に言ってしまえば[閲覧者が読むor見る主要な部分]だと定義してしまって構わないと思います。

本日の店長日記でもコンテンツですし、キャストの新着動画もコンテンツです。
※その他のよくある名称⇒投稿記事・ページ内容など。

⑧フッター

サイト下部に位置する、メニューのような役割です。
スクロールしないと見えない部分であり、その特性からサイト運営者の情報や、コピーライト(著作権関連)・個人情報保護に関するページなどがまとめられる事が多いです。


サイト内の各部名称まとめに関しては以上です。
以下は筆者がよく受ける質問と、名称に関しての意見を簡単にまとめています。
お手すきの時間にでもご覧ください。

おまけ HPとウェブサイトの違いって?

誤解を恐れずに言えば、日本での会話内であれば…[意味は一緒です]

もともとHP(ホームページ)は一番最初に開くページという意味合いだそうです。
PCを買ったら、ブラウザを開いた時にGoogle検索が表示されるように設定したりしますよね?

一番最初に表示されるページ⇒ホームページ⇒サイトで表示されるページ
そこからネットの発展と共に、ウェブサイト全体をHPと呼ぶことが定着したらしいです。

対してWebsiteの[site]には場所や基地などの意味があります。
海外ではHPをWebsiteと呼ぶのが一般的です。
ウェブアドレス(URL)から到達する場所がWebsiteだという意味ですね。

単純に言葉の印象だけで「ホームページ」と「ウェブサイト」を比べると、ホームページの方が親しみがありますよね。英語が苦手でも直感的にイメージできます。

ウェブサイトって言われると、なんだか冷たくて機械的な印象ですし、WEB関連が苦手な人からは「なんか難しそう!怖い!」なんて印象があっても不思議ではありません。

こういった点から、日本では大企業や個人まで「ホームページ」という言い方が一般的です。
もし、筆者が海外向けに英語のページを作るのであれば「website」と表記します。

厳密にはWebsiteが世界標準の名称だとしても、大事なのは閲覧者が安心して見に来てくれるかどうかが重要ですし、相手への伝わりやすさを考えても「〇〇のホームページへようこそ(^o^)」という使い方がオススメかもしれませんね。

おまけ HP内の名称に関してWEB業者の意見

画像の編集や、記事の投稿、キャスト写真の挿入など。
店舗HPに関する作業を複数人で行う時、専門業者に画像の制作などを依頼する時に、その部分の名称について意思疎通ができずに困った経験はないでしょうか?

『〇〇の部分の画像を~』と口頭で伝えてみても、受け取る側は違う部分として受け取ってしまったり…。
筆者個人の意見ですが、実はWEB関連の各部名称って、完全に統一されているわけじゃないという認識があります。イメージとしては車やバイクの細かい部品を扱う時のような印象に似ていると感じるんですね。同じ仕事をする部品なのにメーカーごとに違う名称で呼んでいたり。

メインビジュアル・ヘッダー・フッターなどは一般的な名称として定着しつつありますが、細かい部分については業者ごとに異なった呼び方をしていたりします。
トップページのメインビジュアルでさえ、[メインビジュアル・キービジュアル・アイキャッチ]などなど…例を挙げていくとキリが無いくらいです。

これについてはインターネットが普及し、たくさんの業種や個人がHPを持つことが一般的になってから、まだ日が浅い事も影響していると感じています。
今後、数十年の期間が経過していく事で、各部の名称も統一されていくのではないでしょうか。

ALsystemを利用されている店舗様にとっても、提供する側にとっても出来るだけシンプルに意思疎通ができるように、この項目を執筆させていただきました。
お役に立つ機会があれば幸いです。