テキストの入力=コンテンツの更新だと意識しよう

店舗のイベント案内やスタッフの日記など、記事の投稿で毎日のように触れる機会のあるテキスト入力ですが、知らず知らずのうちに自分の[手クセ]で入力しているのがほとんどだと思います。

お店のHPを更新しようとする時に、テキストが占める割合はどのくらいでしょう?

背景画像やキービジュアル(メイン画像)などの画像は頻繁に差し替える機会は少ないはずです。
更新されていく記事内容のほとんどがテキスト(文字の入力)となるわけですね。

これはお店のHPだけに限らず、大企業や個人のブログでも同様です。
世の中に存在するウェブサイトのほとんどが記事の更新=テキストの入力だということになります。

誰もが行うテキスト入力だからこそ、ちょっとした気遣いの積み重ねが検索結果に繋がります。
ここでは、難しい表現はナシで出来るだけ簡単にできるSEOを意識したテキストについてまとめていきます。

SEO=Google検索への最適化

SEOに関連するページで繰り返し表記していますが、SEOとは要するに…

『Google検索に気に入られるHP作り』だということですね。

なるほど!それじゃあGoogleが〇〇なHPなら検索に有利だよって公表している要素を網羅してHPを作ればいいのか!
そのとおりです!実に簡単ですね!

ですが…Googleは、検索に不利となる項目は公開していますが、有利になる項目は基本的に全公開していないんですね。

この部分だけを考えるとイジワルに感じますが…よくよく考えれば当たり前の話なんです。
Google検索に有利な要素が詳細に把握できれば、誰もがそれに沿ったHPを作ります。

全員が同じ事を行うのであれば、勝ち残るのはもともとの資本がある大企業になってしまいますし、インターネット全体の多様性が失われてしまいますよね。

Googleが正解を公表していない、だからこそ私達にできる対策は…不正解となる行動をしないことだと言ってしまって問題ないと思います。

SEOを考える上で、絶対に忘れてはいけない点は、この2つです。

SEOにおいて完璧/完全な正解は誰にもわかりません。(Google技術者以外は)
不正解となる行動はGoogleがガイドラインを公開している。

 

この点を踏まえて、今後の記事を読み進めてみてください。

こんなテキスト記事はダメ!

まずはGoogleガイドラインから読み取れる、明確なルール違反となる行動をまとめていきます。

①他サイトからのコピーペースト

当たり前ですが、他人様が書いた文章を丸パクリしてはいけません。
句読点の位置を変えたり、文章の前後を入れ替える程度では通用しません。

とはいえ…日々の更新で「記事のネタが無いぞ…困ったなぁ」という時もあると思います。
そんな時は他サイトの記事を参考にして、自分の言葉で文章を書きましょう。

②テキストを隠す&リンクを隠す

テキストやリンクを隠すってどういう意味??と思われるかもしれませんね。
例えば、白い背景に白い色で文字を書いた場合です。
マウスでその部分をドラッグしないと何が書いてあるかわかりませんよね?

テキストを隠す例:下に特別割引が受けられる秘密の呪文が隠してあるよ♪探してみてね♥
これはダメ!←マウスでなぞらないとわからない。

リンクを隠す例:下の記号のどこかに秘密のエッチ画像が見れるリンクがあるよ♪
ーーーーーーーーーー←記号の1つ1つにリンク。

リンク隠しなどはガラケー時代のアダルト系サイトでよく見られた手法ですね。
現在では、ほぼ絶滅状態ですが、ふとした時に行ってしまわないように意識しておきたいですね。

③キーワードを不自然に乱用する

誰もが自分のHPの検索順位を上げたい…それは当たり前ですよね。
だからと言って、検索されそうな語句を無理矢理ねじ込むのは逆効果です。

Googleガイドラインのページにこんな文章があります。

ユーザーにとって役立つかどうか、検索エンジンがなくても同じことをするかどうか、などのポイントを確認してみてください。

 

もし不自然なキーワードの乱用をして、自分のHPがペナルティを受けた時にこのセリフを言われたら…「おっしゃる通りです。すみませんでした」と頭を下げるしか無いような言葉ですね。

どんな記事[テキスト]を更新していけばいいの?

どんな記事内容がいいのか、それを考える時の大前提は…

《閲覧者が読みやすい・わかりやすい記事にする》という事です。

抽象的な言い方に聞こえるかもしれませんが、これに尽きると言って過言ではありません。
更新したコンテンツを見てくれる閲覧者の気持ちになって記事を書いていきましょう。

HPで文章を書く時に意識するべき事を、以下にまとめていきます。

①改行・スペースを適度に使う

たまにネット上で何かを検索したりする時に見かけませんか?
ページ一杯に改行もナシで文字が詰め込まれていたりするページを…。

どんなに書いてある内容がわかりやすく有益な記事であっても、読む気が無くなりますよね?
もし私がそんなページを見ていたら、即座にブラウザの[戻る]ボタンをクリックします。

②見やすい文字・句読点を意識する

文字サイズや色の変更はついついやり過ぎてしまう項目です。
閲覧者にアピールしたい気持ちはわかりますが、見ていて目がチカチカするような文章は読みづらいですよね?

ページ全体で使用する色数を意識して、「ここぞ!」という部分で使用するのがオススメです。
これと同様に[文字の斜体表示]などは、あまりやり過ぎると、単に読みづらい記事になってしまいがちです。

句読点や文法などは、過剰に意識する必要はありませんが、スタンダードで誰もが読みやすい文章になるように意識しましょう。

③適度に画像を挿入する

閲覧者は多種多様です。
ずっと文字だけが並んでいるコンテンツを読むのはちょっと疲れますよね?

国語辞典のようなHPを運営しているのであれば話は別ですが、コンテンツの内容に沿った画像がたまに挿入してあるだけで、閲覧者にとっては[箸休め]のような効果があります。

フリーで使える画像を探す⇒挿入するのは意外に手間がかかります。
それはHPの運営者みんなが感じる事だと思います。
だからこそ、閲覧者にイメージが瞬時に伝わる画像を用意してあげる事は、他の類似したHPとの差別化にも繋がります。

④[見出し]を適度に使う
[見出し]の使い方を考える時に、Google検索などから専門的なページを見に行くと…それこそ「こんな文字ばっかのページ全部読みたくないよ(ToT)」というようなページが見つかってしまいます。

なので要点を簡単にまとめます。

・見出しは<h1>が1番エライ!
コンテンツ内の重要度を考えて、順番に階段状に使いましょう。

・見出し=説明書の目次だと思って使おう
見出しでそのコンテンツ内の記事内容が想像できるように使いましょう。

・迷ったら閲覧者の気持ちになって考えよう
閲覧者が読みやすい見出しの使い方=検索エンジンにもHPの内容がわかりやすいという事です。

⑤文字数よりも伝わりやすさ

SEOには長文がいい!こんな意見もあるのは事実です。
完璧/完全な正解はわかりませんから…閲覧者の気持ちになって考えてみましょう。

同じことを100文字でわかりやすくまとめているHPと…1万文字で詳細に解説しているHP。
みなさんならどっちを見に行きますか?

大多数の人は100文字でまとめているHPの方が使い勝手が良く感じるはずです。
ここに答えがあるのではないでしょうか。

逆に、専門的でマニアックな層を狙ったコンテンツは長文もいいですよね。
文章が得意なキャストさんに[官能小説のようなプレイ内容紹介]を書いてもらうとか。

知りたい事は要点がしっかりまとめてあって、深く読むべき部分は濃厚な記事になっている。
それが閲覧者にとって嬉しいHPだと思います。

⑥全体的な[見やすさ]を意識する

ALsystemはレスポンシブ対応です。
つまりPCでもスマホでも同じURLを閲覧できます。

PC上では読みやすいレイアウトになっていたとしても、スマホで表示した時はどうでしょう?

延々と文字だけが並んでいたりしませんか?
公開前の記事をスマホサイズにして目を通して確認するだけで、閲覧者を気遣ったレイアウトにできますね。

テキストとSEO・まとめ

閲覧者に好印象=Google検索に好印象

長々と個別の項目を掘り下げて解説しましたが、結局のところ意識する点はコレだけです。

SEO(検索エンジン最適化)という単語が認知度を得てから、かなりの年数が経過しています。
現在、Googleのロボットは「コンテンツの内容を理解できる」レベルに達していると言われています。

それはつまり、プログラムであるGoogleと人間である閲覧者が、HPを見て感じる印象は「ほとんど一緒」だと言う事もできますね。

小難しいWEB用語や、数字の羅列やグラフなどを理解するのに時間を割くのであれば…
《せっかく時間を使ってHPを見に来てくれた閲覧者》の事を考えて記事を書きましょう。

おまけ・「SEO対策しませんか?」

※ここからは[おまけ]なので、直接的な表現を使います。ご了承くださいm(__)m

今の時代、どんな業種でも店舗を運営していたりすると、タイトルのような電話を受ける機会は少なくないはずです。

ネット上でSEOに関して検索すると、なんだか小難しいWEB用語をたくさん使って、SEO対策を解説しているページは星の数ほど見つかるはずです。

それらのページや営業電話の要点をまとめると《SEOは専門家の知識が必要》《プロに頼んだ方がいいよ》なんて印象を与える作りになっています。

なるほど…説明を受けたり、ページを読んでもサッパリわからないや(;´・ω・)
SEOってすごく専門的で素人が立ち入れない領域みたいですね!

筆者もSEO対策の営業電話を受けた経験があります。
面白そうなのでまるっきり知識が無いフリをして、説明を聞いてみました。

WEB業者の私が説明を聞いて、言っている内容が理解できない業者もいます」

別の表現を使うと…「こいつ難しい言葉ならべてるだけで、WEB知らんやろww」です。

誰だって自店舗のHPが上位表示されたら嬉しいですし、利益にも直結する重要な要素です。
検索順位が爆発的に上がるのであれば、専門家に頼む事を検討するのもいいかもしれませんね。

…本当に専門家なら。

ことわっておきますが、私はSEO業者さんの全てがこうだと言っているわけではありません。
しっかりした仕事をして、結果を出す業者さんも存在するでしょう。

私が言いたいのは「安易に適当な業者を使うと危険ですよ」という事です。

よくある質問

筆者は、職業柄もあって「SEO業者頼もうかと思うんだけど、どう思う?」
という質問を受ける機会が多いです。

SEO業者さんって千差万別ですし、良いとも悪いとも答えようが無い場合がほとんどです。
そんな時には、いつもこういう返答をするんですね。

『その業者の言っている事がキチンと理解できていますか?』
『もし理解できていないのであれば、顧客になる素人さんに対して、理解できるように説明もできないレベルの業者ってことですぜ?』

自分の専門的なスキルを使って仕事を得ようという真っ当な人間が、お客様になる人に対して

何を言ってるかわからん表現を並べて売り物をアピールしねぇよ!」という事です。

この返答をすると、上の質問をしてきた人の9割以上は考えを改めます。

身近な表現で例えてみる

SEO業者に関して考える時に、クルマやバイクに置き換えるとイメージが掴みやすいと思います。

普通に走っているクルマを車検にだして「ウン十万かかります」と言ってくるところって、「なぜそんな金額になるのか?」を聞いた時に「なんちゃらアームとかんちゃらエレクトリックが消耗しているので交換しないといけませんよ!」なんて言い方をしませんか?

クルマに関して知識がある人は「お前のトコには頼まん。クルマ戻せ」で終了です。
でも知識がない人は「そうなんですかぁ…」で、ボッタくられると。

真っ当な商売をしているところであれば、本当に交換が必要な高額部品があったら、お客さんにわかる言葉で説明して実際に見せてくれたりしますよね?

説明に手間がかかっても、割いた時間や手間は顧客の安心やリピート需要となって戻ってきます。

これって閲覧者を意識したSEOと似ていますよね。

SEOは特殊なものではない

現状ではSEOという単語が一人歩きしていて、まるで素人では理解できないものだという印象を持つ人も少なくありません。

でも実際に行う作業の要点は、そんな難しい話じゃないんですね。

要するにGoogleに気に入られるHPを作りましょうっていうだけの話です。

「SEO対策しませんか?」という電話を受ける機会があったら、この記事を思い出してもらえると、決断に迷った時の判断材料になると思います。

この項目は以上です。長い記事を読んでいただきありがとうございます。