トラッキングコードの取得方法と、ALsystem内に埋め込んで使用するまでをまとめています。
※申し込み時にアナリティクス用のアカウントをお渡し頂いた方は、弊社側で埋め込みます。

トラッキングコードってなに?

アクセス解析を行うためのプログラムです。

HP閲覧に関する様々な情報を集めてくれます。
どのページがどれだけのユーザーに見てもらえているか、PCでの閲覧が多いのか、それともスマホなのか、人気のページはどこなのか。
そういったアクセス解析の情報は、今後の更新記事の方向性を考えるうえでも役立ちます。

ALsystemでは、Googleアナリティクスの利用を推奨しており、管理画面内にも簡単に埋め込めるように項目が用意してあります。
アクセス解析という言葉だけを聞くと、小難しい印象になりますが、実際の作業は簡単なのでまずは実装して使ってみましょう。

トラッキングコードを取得する

①Googleアカウントを用意する

Googleアナリティクスの利用にはGoogleアカウントが必要です。
取得方法は解説不要だと思いますが、要はGメールのアカウントがあればGoogleアナリティクスも無料で使えるよ!という事です。

②Googleアナリティクス公式サイトへログインする

公式サイトに移動して、Googleアカウントでログインします。

※Googleアナリティクス公式サイト⇒https://www.google.com/intl/ja_jp/analytics/



ログインボタンを押すと選択肢が開くので、アナリティクスを選択します。
その後、Googleアカウントのアドレス・パスワードを入力してログイン完了です。


すると下のような画面が表示されるので、右側の《お申し込み》をクリックして先に進みます。
※すでにアナリティクスの利用をしているGoogleアカウントではこの画面は表示されません。

③アカウントの必要情報を入力する

表示された申し込み画面で、必要情報を入力します。

1.アカウント名⇒お好みでニックネーム等をつけてください。
2.ウェブサイト名⇒サイトの名前を入力します。(例:ALsystemサンプルサイト)
3.ウェブサイトのURL⇒URLを正確に入力します。
4.業種⇒サイトの内容になるべく近い業種を選択します。
5.レポートのタイムゾーン⇒日本を選択します。

その下のデータ共有設定は初期値のままで問題ありません。

入力が終わったら、左下のトラッキングIDを取得ボタンを押して次へ進みます。

④利用規約に同意して次へ

⑤トラッキングコード・IDの取得が完了

トラッキングコード・トラッキングIDが表示される画面に進みます。
これで取得までの手順は完了です。

青枠で囲んだトラッキングーコードはJavaScriptというプログラムです。
そのプログラム内に、どのサイトの解析をするか識別するトラッキングIDが含まれています。

※注意※
トラッキングID/トラッキングコードは、必ずALsystemのHP用に新しく取得したものを使用してください。
「以前のHPで使っていたトラッキングコードがあるからコレを使おう」
といった形で、別サイトのトラッキングコードをコピーペーストしてしまうと、ALsystemのHPのアクセス解析ではなく、以前のHPのアクセス解析がアナリティクスに表示されることになってしまいます。

管理画面にトラッキングコードを埋める

ALsystem管理画面から 各種オプション設定オプション設定 を開きます。


グーグルアナリティクストラッキングコードの項目に
取得したトラッキングコードを埋め込みます。

画面左下のテーマオプションを更新ボタンをクリックして、保存します。

ALsystem管理画面内の作業はこれで完了です。

Googleアナリティクスが有効になっているか確認する

アナリティクスのホーム画面から⇒リアルタイム概要 をクリックします。

自分で店舗HPのサイトを開き、〇で囲んだアクティブユーザー数が増えれば完了です。


Googleアナリティクスの詳しい使い方については別ページでご案内しております。
ぜひそちらもご覧ください。